スパイク長靴のご紹介④

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは~

わくです。

今回もまた、スパイク長靴のご紹介④です。

今回もまた、ミツウマ「岩礁」です。

しかし、今回は「岩礁80」→「岩礁100」になりまして、

お送りしたいと思いますと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ミツウマ「岩礁100」

スパイク長靴界の百式です。

人気の「岩礁80」に押されている新商品。

なんか不憫なスパイク長靴です。

諸説ありますが、人気の「岩礁80」後を受けて

後継商品として華々しくデビューした

「岩礁100」です。

意欲的なスパイク長靴でした。

時は価格破壊がどんどん進む、デフレスパイラル真っ盛りのころ

日本国内での製造に見切りをつけたミツウマ首脳部は

岩礁史上初の中国製造に切り替えました。

もちろんミツウマ「岩礁」ですので質は落とすことはしません。

「岩礁100」の部材はほとんどが日本で用意し、製造のみを自社の中国工場でした。

自社の技術者の監督管理のもと作り出したました。

それにより、品質は確保できました。

しかし

スパイク長靴の命とも言えるスパイク底を大胆に変更しました。

ここが80復活の原因になったようです。

1

一見するとミツウマ「岩礁80」とほぼ同じスタイルのミツウマ「岩礁100」です。

カバーもミツウマの「岩礁80」と同じタイプを使用してます。

ただし、同じタイプではありますが、同じではありません。

どことなく・・・質感に違いがあります。

「岩礁80」を長年使い続けている方しかわからない差だと思います。

なので「どことなく・・・」です。
「一見、筒状に見えますが、やはり上部はカバーになっていて
マジックテープで微調整します。」は同じです。

上半分がナイロンで、下半分がゴム製なのもおなじです。

軽量かとムレ対策と折切れ対策もばっちりです。

80と100の違い

ここまで見ても違いの解らない人も

おおいとおもいます。

やはり、大きな違いは中国製です。

ここにヘビーユーザーは不安を隠しきれなかったことは確かです。

内装

内装もほぼ同じタイプです。

吸汗性で乾きやすい裏生地もほぼ同じです。

足首固定べルトに至っては、袋に入るようになりました。

中国製と日本製の違いは大きいとしても

「岩礁100」が出て「岩礁80」が復活するのは

やはりスパイク部分が一番大事だったと思います。

ここの変更が大胆すぎました。

次回はミツウマ「岩礁100」のスパイク部分を掘り下げて見てみましょう。

追加情報

昨日、展示会でミツウマさんに聞いて来たのですが

この「岩礁100」には先芯入りの安全長靴タイプがあるそうです。

これはレアな情報でビックリしました。

東北の一部の地域だけの限定発売だそうです。

もう少し詳しくわかったらまた、お知らせします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする