スパイク長靴のご紹介⑤

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、

わくです。

引き続きのスパイク長靴のご紹介⑤をご紹介です。

ミツウマ「岩礁100」後編です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



安全靴の岩礁

最初は

スパイク長靴のご紹介④ですこしお話しした情報の続きです。

ミツウマ「岩礁100」には先芯入りの安全靴タイプがあるというお話です。

その名も、ミツウマ「岩礁5000」

ビックリした・・・

一桁上がってます。

母体のミツウマ「岩礁100」にS級の鉄芯を入れてます。

上半分のナイロン部分の柄は迷彩です。

この迷彩柄のナイロン部分は、実はミツウマの得意技です。

スパイク長靴ではありませんが、極寒地向けの長靴

ミツウマ「シーザーウルフ」という超人気長靴があります。

ベストセラーでロングセラーの長靴です。

ここで上半分のナイロンで迷彩柄を取り入れています。人気あります。

他の仕様は「岩礁100」と同じらしいです。

「らしいです。」は無責任に聞こえるかもしれませんが、実は私もまだ触ってません。

昨日ミツウマさんに話を聞いて、写真を見ただけですので、

もっと詳しいことが判りましたら皆さんにお伝えします。

箱?箱から?と思われますよね。

しかし、箱の話を踏まえてお話を進めていきたいので、

一応画像だけでも見てください。

こんな感じです。

「岩礁80」より「岩礁100」の方が箱が作り込んであります。

という事は、今後この箱に入っている長靴を押して行くであろう、ここがポイントです。

スパイク底

やっと本題のスパイク底です。

まずは画像を見比べてください。

上が「岩礁100」下が「岩礁80」です。

「岩礁100」

「岩礁80」

「岩礁100」

「岩礁80」


みていただいた通り、スパイクの形状がかなり違いますね。

「岩礁100」はドーナッツのような台の上にスパイクのピンが4本出ています。

「岩礁80」は従来通り一つ出っ張りに1つのピンです。しかし、よく見てみますと

2本のピンを合わせて1つのピンにしてあります。

分解しないと見えませんが、ピンは台の中でコイル状に丸くなっていて、

それで、衝撃を吸収します。高い技術力です。

実は「岩礁100」では、見えないだけで、さらに進化させています。

見えないだけで、同じダブルスパイクピンです。

見えないだけで、もちろんコイル状で衝撃を吸収させてます。

見えないだけで、4本連続ピンでピン抜けを減らしました。

この、見えないだけで、の部分が問題で有ります。

伝わりずらいです。

特に80に慣れている方は、踏込の若干の違いが気になります。

「岩礁5000」でも採用している新しいスパイクは

今後慣れる方が増えるにつれ、評判を得ていくと思います。

結論

底が違います。

しかしこれはやらなければならなかったリニアルで

今後、どんな長靴に育っていくか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする