山菜採りにはスパイク地下足袋が良いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは!わくです。

マツタケお好きですか?天然のマイタケは?

山菜もおいしいですよね。

こごみ、こしあぶら、あいこ、などなど

天ぷら、おひたし、なべ、などなど

山の恵みはすべからく美味しいです。

そして、食べると活力がわいてくる気がします。

そんな美味しいものはどうやって手に入るのでしょうか・・・

人が山に入らずには手に入りません。口にもはいりません。

山に入るという事は、絶対に危険が付きまといます。

覚悟、知識、常識、

体力、知力、判断力、

(スターウォーズではないので理力までは、いりません)

そして装備、大切です。

たとえば、「熊すず」や「呼子」は身を守ります。

はけごや山菜エプロンは行動力をアップします。

そして、足回り!とても大切です。長靴、地下足袋、登山靴、様々ありますが

今回はスパイク地下足袋のお話です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スパイク地下足袋

スパイク地下足袋を履いたことがありますか?

見たことや触ったことは?

知らない方は多いかもしれませんが、抜群の足さばきで

春の山菜採りや秋のキノコ採りの方に人気の履物です。

基本的に地下足袋です。

ですので上部は布でできています。

履き口は広くあき、「こはぜ」でとめていきます。

「こはぜ」は半円形の金属の板で地下足袋の履き口の片方に縫い付けてあります。

もう片方に縫い付けてあるループ状の紐に引っ掛けて固定します。

「こはぜ」の枚数が多いほど地下足袋は上に長くなります。

たとえば、5枚こはぜの地下足袋より、12枚こはぜの地下足袋の方が

上に長いと言う理屈です。

丸五スパイク地下足袋Ⅱ型10枚こはぜ

「丸五スパイク地下足袋Ⅱ型10枚こはぜ」

丸五はメーカー名です。地下足袋、長靴、スパイク長靴、安全靴、そして手袋と

作業現場を支える優良メーカーです。

スパイク面は下の画像のように、足の接地面をよく考えて作ってあります。

やはり、力のかかる指に近い部分のスパイクピンの配列が見事です。

ピンの配置、角度、隙間など、かなり良くできたスパイク面だと思います。

Ⅱ型

画像を見て、地下足袋なのに指が二股に割れていないと、

お気づきの方もいらっしゃると思います。

実は内側では二股になっています。

そうしないと足さばきが悪くなってしまいます。

では、なぜ指股を閉じているのかです。

それは、山間部、法面、藪の中などの歩行や作業で、指が割れていると

指の間に切り株、枝、石など挟まって転倒してしまう危険があるからです。

ここもよく作ってありますね。

昔あったⅠ型は指がわかれていました。

改良に改良を重ねて、今の「丸五スパイク地下足袋Ⅱ型10枚こはぜ」

が、出来上がってきました。

美味しい山菜を食べるには、いろいろ苦労も必要なんですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする