ストレッチレインスーツの機能性紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは!わくです。

梅雨時の外仕事大変ですよね。

濡れる!蒸れる!動きづらい!暑い!ベタベタする!洗濯物乾かない!

レインスーツが張り付く!レインスーツが動きづらい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



レインスーツの動きづらさ

レインスーツで雨の中作業しているとなんでこんなに動きづらいんでしょう?

レインスーツが張り付く

これは次の機会にお話しします。

レインスーツが重い。

これも別の機会にお話しします。

レインスーツが伸び縮みしない。

これが今回のお話です。

ストレッチ

レインスーツの動きづらさの大きな要因の一つはストレッチ性のなさです。

ほとんどのレインスーツは生地が伸び縮みしません。

新開発されたR-006レインスーツは雨合羽なのにストレッチ性のある画期的なものです。

表生地の伸縮性と裏の伸縮性とは、若干違います。

ここに企業秘密があるのではないかと

推測している私ですが、裏は取ってありません。

裏地にメッシュは付けてありません。

最近このパターンは人気ありますね。

一昔前は考えられませんでしたが、技術革新が進み、

良い物ができてきました。

ポケットの防水性

ポケットはすべて防水ですが、

ファスナー付きのポケット上に、二重に表と同じレインスーツの表生地がかぶさる、

従来のタイプと

(従来といってもここまで防水をキチンとしているのは

良い作りこみをする、良いメーカーです。)

最近のアウトドアメーカーが得意の防水ファスナーが一体になり取り付けられているものの

両方の規格を採用しています。


ごちらが良いかは、意見が分かれますが、従来タイプは丈夫で長持ち、耐久性があります。

アウトドアメーカータイプは、軽くて活動的です。

私は古~い人間ですので、従来タイプと言いたいところですが

年寄りは軽いほうが好きです。

立体裁断

縫製がまた良いです。特に脇と叉!!

作業用レインスーツはどこが破れるかというと

両脚をぐぐぐっと広げてしゃがんだ時に

おしりの縫い目が、ビリッと破けます。

この、ビリッの防止のために、おしりのまあるい部分に縫い目がありません。

これによりおしりはビリッから、かなり守られます。

メーカーは絶対に命名しませんが、さるまたタイプタイプと

密かに、勝手に、命名しました。

正式名称はアクティブカットです。お間違いなく・・・

スペックです。

商品名

RAIN SUIT STRETCH R-006

耐水圧:10,000mm H2O

透湿度:5,000g/㎡/24h

ストレッチ性

横方向に伸縮する生地を使用。

快適性

透湿度5,000g/㎡/24hの透湿生地を使

防水性

耐水圧10,000mmの防水

フロント部分は止水ファスナー

左胸ポケットは防水ポケッ

販売元 株式会社ワークマン

です。

値ごろ感のありありのおすすめ品です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする