佐々木蔵之介さんの実家?お酒?京都で買える場所?聚楽第

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



佐々木蔵之介さんの実家

佐々木蔵之介さんの実家は佐々木酒造は作り酒屋、いわゆる蔵元です。

佐々木蔵之介さんは本来ならば佐々木酒造を継ぐべき人だったのですね。

「蔵」の字の付いたお名前なるほどですね。

NHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演中の佐々木蔵之介さん。

ネタばれですが、米屋の娘、「安部さおり」が実は「安部米子」が本名で

米屋の娘で米子と付けられたのが嫌で父に反抗している。という話がありました。

やはり、親の期待は跡を次いでほしかったのかな、思いました。

蔵之介の蔵も、気になりますね。

京都で聚楽第、美味!

先日、京都旅行をしてきました。

学生時代の友人たちとワイワイガヤガヤと楽しんできました。

幹事は関西在住のO君、彼の案内でとあるお店に入りました。

そこでO君、「聚楽第がある!」というが早いか

「聚楽第人数分!」と注文するではありませんか!

「こいつはうまい酒だ!飲むべきだ!」と力説します。

Oくんの目利きの通り絶品です。

美味しかったー!!

ひとしきり杯を重ねてから、「この酒の蔵元は俳優の佐々木蔵之介の実家なんだ。」

と、ポツリ・・・

先に言え!と思う反面、先入観なしで飲めて良かった、と思いました。

O君の配慮に感謝です。

聚楽第の買えるところ

さて、この京都旅行の帰り道、どーしても「聚楽第」がもう一度飲みたくなり、

京都駅近辺で売っている所を探しましたが、なかなか見つかりません。

日本酒好きの方はよ~くご存知のことと思いますが、

良いお酒、質の良いお酒ほど、その蔵元とつながりのある

良い酒屋でないと手に入りづらい物です。

残念ながらその日はあきらめて、帰路につきました。

3か月後、O君に旅行のお礼もかねて、さくらんぼを贈ると

なんと、O君「聚楽第」を送ってきてくれました。

感謝!感謝!感謝!

美味しかった・・・・・

ふと、パッケージを見ると「東映太秦映画村」のシール!

なるほど、その手があったか!と笑顔になりました。

蔵元と販売店のつながり、ありますねぇ!

佐々木酒造さんのお酒

他にももう1本「京生粋」こちらもすごい酒でした。

水、酒米、ラベルの和紙まで京都の物を使用しています。

豊臣秀吉の愛した聚楽第の水、うまい酒です。

山家育ちの私が、雅な気分に浸れるお酒でした。

美味しいお酒を教えてくれた、送ってくれたO君に感謝。

美味しいお酒を作ってくれた佐々木酒造さんに感謝。

販売店さんの?東映太秦映画村さんに感謝。

佐々木蔵之介に感謝致します。

美味しかった・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする