オートバイ用レインスーツの機能性紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク



こんにちは、わくです。
オートバイ、乗っていますか?

私は高校時代にヤマハのSR400という渋めの単車に乗っていました。

生意気ですね。まだ3ない運動の始まる前でした。

歳がわかりますね・・・

「高校生に、オートバイを買わない。高校生はオートバイに乗らない。高校生にオートバイを乗らせない。」の3つのないの運動でした。

わたしの高校は、山のふもとにあり、50㏄までのオートバイの通学が認められていました。

もちろん、年に2回くらい警察の白バイ隊の方をお呼びして

オートバイの乗り方、交通ルール、交通マナーの講習会も行われていました。

禁止するより教育する、良い学校でした。

ちなみに、50㏄までと言いましたが、一人だけ急な坂の上に住む同級生は

50㏄のオートバイでは坂を上ることはできずに

もっと大きなバイクで通学が許されて、みんなにうらやましがられました。

ヤマハのSR400の単気筒の心地よいエンジン音、振動を感じながらのツーリング。
楽しい思い出です。

でも、峠道などは天気が急変しやすいので
レインスーツは必需品でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



最新、オートバイ用レインスーツ

オートバイ用レインスーツはいろいろありますが
値段が高すぎたり、機能がいまいちだったり
様々ですね。
私がおすすめするのは、これ!
オートバイ用レインスーツ

機能的に作られています。

まずは風圧対策です。オートバイは必ず周面から風を強く受ける乗り物です。

そうなると強い風でレインスーツがばさばさとバサつきます。

それを押さえるために手首、袖、ウエストにマジックテープで

バサつき防止加工が施されています。

もちろん体系に合わせて、調節可能です。

赤く見えるのはマジックテープで

前合わせのファスナーにのプラスして正面からの雨水の侵入を防ぎます。

色合い、ラインの取り方はむかしのアニメの連邦軍の制服にテイストが似てますね。

袖が、ウエストが、バタつきません

ズボンの色は黒、これはうれしいですねえ。

やはり、すそはファスナーとマジックテープでブーツ対応をしつつ

風によるバサつき防止機能があります。

裾がブーツに対応してます。

膝パット付きです。ちょっとわかりづらい写真ですね。

ネックウォーマーもついてます。

もちろん防水です。

うれしい心配りです。

その名も「バイカーズ」

レインスーツ・バイカーズは

ワークマンのみで販売しているPBです。
BR-001という品番のレインスーツで検索すると出てくるお値段は
5800円税込みです。
おすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする