西屋さんで米沢牛を食べてみませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



西屋で米沢牛

こんにちは、わくです。

さて、私の大好きな温泉

白布温泉 西屋さんに、3月に行ってきました。

癒される~

滝のように流れ落ちるお風呂につかった後は

おいしーいお料理が待っています。

もちろん・・・・・

米沢牛!

格別に美味しいです。

西屋さんのお料理

今回は、メインを米沢牛のしゃぶしゃぶにしていただきました。

この「さし」いい顔してますね。

メインはこの米沢牛ですが、

お料理すべてが品があり、

見目美しく、

食べて美味しい。

家族での楽しい宴となりました。

舌鼓、打ちました。

美味しくて満足、

腹鼓、打ちたくなりました。

ちなみに米沢牛とは、黒毛和牛で置賜地方の3市5町の畜産農家で18か月以上肥育された牛で、

証明書が出ている優秀な牛さんです。

枝肉の外観、肉質、脂質が優れて、条件を満たしている牛さんです。

米沢牛の産地、米沢盆地は吾妻連峰、飯豊連峰、朝日連峰の高い山々に囲まれた

風光明媚な所です。

盆地特有の寒暖の差と、松川の水の恵みで、米沢牛に必要な飼料とわらが豊富にできます。

米沢牛は、きめの細かい霜降りの脂のうまさ、質の良さです。

上質の脂は溶け出す温度が低く、とろけるような食感を作り上げます。

この上質の脂ができるのは、置賜の気候が大きく貢献しています。

市内を流れる川は「松川」と言います。

最上川源流とガイドブックなどに掲載されることもありますが

地元の人は、絶対に最上川とは言いません。「松川」です。

大河ドラマ「天地人」ご覧になったことがありますか?

米沢市の上杉家と山形市の最上家は敵対していました。

上杉家の領地を流れる川に、最上家の名前を付けるなんて

絶対にありえない話です。

ですので、秋になると芋煮会でにぎわう河川敷は

「松川の河川敷」と呼ばれています。

ぜ——-ったいに最上川などではありません。

酒は地酒です。

地元の有名どころの蔵のお酒を幾種類もそろえてありました。

私は雅山流にしました。

浴衣

浴衣、いいですよね。

こちらの浴衣はこんな感じです。

足袋タイプのソックスが嬉しいです。

西屋さんは廊下が茅のような葦のようなものを敷いているので

この足袋ソックスが心地よいです。

下駄でカランコロンと散策するのにも

嬉しい配慮です。

また行きたい、そんな宿です。

りなみに、旅行サイトや旅行会社経由ももちろん良いですが

直接、電話予約も良いですよ。

以前、取れない部屋が、キャンセルが出て、

予約できたラッキーな事がありました。

西屋旅館

0238-55-2480

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする